ラメグラデーションのやり方※画像つきでご紹介

MENU

ラメグラデーションのやり方※画像つきでご紹介

セルフ初心者さんでもジェルネイルのスターターセットがあれば簡単にできて、リフトしにくく長持ちしてくれる、ラメグリッターパウダーを使用したグラデーションネイルのやり方をご紹介します。

 

 

ラメグラデーションをする前に準備するもの

・トップ、ベースコート
・ブラシ(2本あると便利ですよ)
・アルミホイル(ベースとラメを混ぜるために使用)
・スパチュラ(私は持っていなかったので甘皮カッターで代用)

 

まずベースを塗り仮硬化します

その次にスパチュラでラメとベースを適量取ってよく混ぜます。

 

ラメが多すぎてダマになってしまうと塗りにくくムラになりやすいので、ダマができる手前くらいにベースを少し足すといったぐらいがおススメです。

 

 

混ぜたものをブラシに取り、爪の先から3分の2程度のところから塗って仮硬化します。

 

ムラができないようにトントンとのせるようにしてから伸ばしていくと良いかと思います。

 

 

爪の先から3分の1程度のところからまたラメを塗って仮硬化します

 

同じようにトントンとのせるようにして先端に向かって、ラメの密度が濃くなるようにグラデーションを意識しながら塗っていくとキレイに仕上がります。

 

 

↑上の写真が2度塗りしたものですが、濃さが密度が最初と違っているのがわかるかと思います。

 

最後に、持ちを良くするためにトップコートを厚めに塗って、ライトで本硬化したら出来上がりです。

 

 

ラメグラデをやってみてわかったやり方のポイント

今回は、トップとベースは私が普段使っているジェリーネイルというセルフジェルネイルキットに付属のもの、ラメは市販のを使ってラメグラデーションをしてみました。

 

実際に塗って完成してわかったやり方のポイントがありました。

 

ラメはホログラムが入っていない方が仕上がキレイです

ホログラムが入っている物は表面がデコボコになってしまうのでヤスリで削る必要がでてきます。

 

また、見た目の色が「ちょっと濃い?」と思うラメのほうが発色がキレイです。

 

ラメはよく利用するオンラインのドラッグストアで3色セットで500円程度でした。

 

ジェルを塗ってからスポンジで後のせするといった方法もあるのですが、ラメが飛び散るし細かい作業ができないのでベースと混ぜる方をおススメします。

 

混ぜる時は筆は使わない

 

セルフジェルネイルキットには筆があらかじめ付属しているものが多いですが、混ぜるときにブラシを使ってしまうと、毛先の内側にラメが残ってしまうので使わない方がいいと思います。

 

もし使用してしまった場合は、次回からカラーを塗る時には使わずにラメ専用にするか、拭き取りを念入りにするのをおススメします。

 

ブラシもドラッグストアや100均などで安く買えるので、復数持っていて損はないですよ。

 

 

関連ページ