ダブルフレンチのデザインとやり方

MENU

ダブルフレンチのデザインとやり方

だいぶセルフジェルネイルにも慣れてきたので、今回は新しいデザインに挑戦してみました。

 

「ダブルフレンチ」と呼ばれる、2色のカラーを組み合わせたフレンチの応用です。

 

初めてやってみたので少し苦労しましたが、慣れれば大丈夫そうです。短い爪でもOKなデザインなので、伸ばし中の方や長い爪に抵抗ある方にもおススメです。

 

セルフでダブルフレンチをする前に準備するもの

・トップジェル
・ベースジェル・カラー(ピンク系とゴールドダスト)
・ラメパウダー(ピンク系)
・ブラシ(できれば2本以上)
・ブラシ拭き取り用のキッチンペーパー

※写真に写ってるカラー等は、私が愛用中の「ジェリーネイル」というセルフキット付属のものを使っています。

 

ベースを塗って仮硬化させたあとにカラージェル(ピンク)を爪の真ん中ぐらいに塗っていきます

 

 

だいたい爪先から3分の2から3分の1くらいの長さに斜めに塗って、下部分を一度キッチンペーパーで拭いてキレイにしたブラシで余分なジェルを拭いラインを整えます。

 

この時にそのまま斜めにベタ塗りしてしまうと爪の淵に溜まってしまうので縦に塗ってください。

 

アーチを描くようにするとキレイに仕上がります。

 

先端部分にはみ出したのは後でラメを重ねるので、それほど神経質にならなくてもよいので同じようにブラシでラインを整えます。

 

ライトで仮硬化させたらお好みで二度塗りしてください。

 

ベースジェルにラメパウダーを混ぜたものを用意して先端部分に塗っていきます

 

 

ダブルフレンチの出来上がりは斜めにするのですが、やはり斜めに塗っていくと淵に溜まってしまうので縦に塗ってください。

 

ラメなので丁寧に塗っていけば境目は目立たないので、ラインをブラシで拭う必要はありません。

 

終わったら@と同様に仮硬化させて、こちらもお好みで2度塗りして下さい。

 

ピンクのカラーを塗った部分の下の部分をゴールドダストのジェルを使って細くラインを引きます

 

 

細かい作業なのでセルフジェルネイルキットに付属のものではなくて、アート用の細いブラシがあると便利です。

 

キットに付属のを使う場合は角を利用してラインを引いてください。

 

最後にトップコートを塗って本硬化して出来上がりです

 

 

イベント用にも最適!ダブルフレンチをやってみた私の感想

今回挑戦したダブルフレンチですが、初めてやった割にはうまくできたかな?と思います。

 

「斜めのデザインはアーチをつけるとかっこよくて可愛く仕上がるなぁ。」と、左手の中指と人差し指を比較したら一目瞭然でした。

 

最初に左手をやって次に右手のダブルフレンチをやりましたが、さすがにキットを使ったセルフでのジェルネイルという事もあって、利き手(つまり右手で左爪を塗る)のほうが、慣れたぶん綺麗に仕上がったかな?と思います。

 

アート用の細い筆ですが、キットに最初から付いてくるものよりも使いやすいので、揃えておいた方がいいかなと思います。(安いもので300円くらいで手に入ります。)

 

筆先の部分は短すぎ!?ってくらいが使いやすいです。

 

もし手に入らない場合は爪楊枝やオレンジスティックを利用してもラインは引けます。

 

ゴールドのライン部分の端にストーンをいくつか置いたら、結婚式などの華やかなイベント用ダブルフレンチになると思いますよ♪